Menu

虹 平賀さち枝 歌詞

虹 平賀さち枝 歌詞

歌手:平賀さち枝
作詞:平賀さち枝
作曲:平賀さち枝

まだ残っている水
いつもの身支度を済ませて次なるページを見た
ぼやけた新聞紙
春なのに暑過ぎたし長かった夢のせいで変な気持ち
なにもない場所にある光が本当の匂いがして
泣くなんてするわけじゃないけどまっしろな気持ちで今は好きだよ

窓を開けたら虹がかかっていたの
今日もどこかで君が笑ってると
そう安心するようなさみしさを
朝からひとつ机にこぼして

もっと想像を超えるような新しい瞬間をただ胸に隠して
何を捨てても音楽は鳴り続けているんだし
この一人ぼっちを抱きしめているよ
あの時もらった優しい声を心にとどめて走り抜くよ
誰かの歌う理由も知らずに
幸せ祈る言葉をかわすの

雨がやんだら花が揺れていたの
今日もどこかで君が泣いていると
そう心配するような愛しさも今は届かないまま宙に飛ばして

もどれない場所まで行くよ
思い出すら追いつかないように
時を行く
いつかまた会える日まで

窓を開けたら虹がかかっていたの
今日もどこかで君が笑っていると
そう安心するような愛しさも朝からひとつ机にこぼして