Menu

葉桜の頃 工藤慎太郎 歌詞

葉桜の頃 工藤慎太郎 歌詞

葉桜の頃

歌手:工藤慎太郎
作詞:工藤慎太郎
作曲:工藤慎太郎・小倉良

桜舞う花びらの中 駆け抜ける赤いランドセル
木漏れ日の光を浴びて 眩しさにそっと目を閉じる
残された人生を「悔いなく生きよう」と
誓ったとき 春の風が吹いた

華やいだ季節を 振り向くこともせず
私は歩く 葉桜の頃 涙はみせない
川面のせせらぎを 流れゆく花びら
海へと渡れ 願いを乗せて
誰かの笑顔になるように

通り雨 人ごみの中 駆け抜ける 傘もささずに
雨宿り 肩を並べて 忙しさにそっと目を閉じる
限りある人生を「優しく生きよう」と
誓った時 青い空が見えた

華やいだ時代を 振り向くこともせず
私は歩く 葉桜の頃 情けはいらない
まぶたの裏に咲く 満開の花びら
巡る命は さよならさえも
また会う日までの約束
また会う日までの約束