Menu

美しい日 SUPER BEAVER 歌詞

美しい日 SUPER BEAVER 歌詞

発売日: 2017年1月25日
歌手:SUPER BEAVER
作詞:柳沢亮太・渋谷龍太
作曲:柳沢亮太
歌詞
誰かにとって「たかがそれくらい」の ありふれた歓びを
嬉しいと感じた瞬間に 思い浮かんだのは誰?
終わりでも 始まりでもない ただ明日と昨日の間
特別は 多分 普遍的な形をしていると思う

あなたがいて 僕がいて 共に望んでる未来があって
ため息も 吐くけれど その倍 笑っていると思う
僕は 人に生かされて 人と生きている
ああ 幾つもの愛と生きている

もしかして幸せは 訪れるものでも 待っているものでもなくて
今ここにあることに 気がつくものなんじゃないかな
誰かにとって「たかがそれくらい」の ありふれた歓びでも
嬉しいと思えたら 特別じゃない今日はもうきっと
美しい 美しい日なんだよなあ
特別は そうだ 普遍的な形をした 幸せだ

今日までの 道のりがさ 正しく最短だったのかって
わからないけど なんとなく これで良かったと思っている
僕は 人に生かされて 人と生きている
ああ 幾つもの愛と生きている

もしかして幸せは 唯一つ 掴み取るようなものじゃなくて
幾つでも 何度でも 気がつくものなんじゃないかな
誰かにとって「たかがそれくらい」の ありふれた歓びでも
愛しいと思えたら 大切にすればいいんだよなあ

今にある幸せは 今生きる自分で 気がつくものだったんだ
優しさも 楽しさも 愛しさも 笑い声も
誰かにとって「たかがそれくらい」の ありふれた歓びでも
嬉しいと思えたら 特別じゃない今日はもうきっと
美しい 美しい日なんだよなあ
特別は そうだ 普遍的な形をした 幸せだ