Menu

点描者たち Halo at 四畳半 歌詞

点描者たち Halo at 四畳半 歌詞

点描者たち

歌手:Halo at 四畳半
作詞:渡井翔汰
作曲:渡井翔汰

人は誰も生まれたときに
ひとつの絵筆を受け取るのでしょう
この命が辿る形を
日を捲るごとに描き残すの

それがどうだ
振り返るほどに私の日々は
後悔を重ねて滲んだ痕を残すだけ

花束のように美しいものではないけど
いびつな点をひとつずつ増やしていく
それはまだ醜いものだとしても ご覧
いつしか点は幾つも連なって
ただひとつの線を描く

どこにいても 傘を差しても
避けられない雨があること
それでも皆 描きかけの一枚の紙を守っている

それはどんな過ちでさえも描いてしまう
この一生を終えるその日まで消せはしないもの

花束のように僕らもいつかは枯れるから
水がない日は陽の光をさがして
悲しみが空を塗り潰す夜には
月明かりによく似た
一筋の希望を抱いて朝を待つよ

君が今日も抗いながら描いたその絵を
この世界の何よりもずっと美しいと
誇れますように

餞けに今 悲しむより進む君の望む方へ
旅の無事を祈って
いつかまたその絵に色を足したとき
見せてくれよ 迷いを重ねて描いていく
点描の日々を