Menu

溢れる JONTE 歌詞

溢れる JONTE 歌詞

溢れる

歌手:JONTE
作詞:谷口尚久
作曲:谷口尚久

誰か待っていたね
耳を澄ましてたね
鍵を開け 扉出る
準備していたんだね

裸足で歩くこと
風を感じること
ひとりきりじゃつまらないと
ふと同じように気づく
ふたりが今
出会えたね

溢れる日々 溢れる愛
溢れる街の光
届いてるなら 感じてるなら
全て君のものだよ

笑顔が解けないように
君を見つめてる
何があっても僕は
君の未来を守ること誓うよ

自分の幸せより
他人の気持ちの方を
選ぶよな 優しさが
時に痛いほどだよ

君に出会えたこと
君といられること
僕にとって
かけがえのないことだって
君は分かってるの?

溢れる日々 溢れる愛
溢れるふたりの夢
溢れる未来 溢れる笑顔
全て君のものだよ

誰より大切にするよ
君を愛してる
涙のわけは
言葉なんかじゃとても
伝えきれないから

溢れる日々 溢れる愛
溢れる街の光
届いてるなら 感じてるなら
全て君のものだよ

笑顔が解けないように
君を見つめてる
何があっても僕は
君の未来を守ること誓うよ
永遠に