Menu

深夜、貨物ヤード裏の埠頭からコンビナートを眺めていた cali≠gari 歌詞

深夜、貨物ヤード裏の埠頭からコンビナートを眺めていた cali≠gari 歌詞

深夜、貨物ヤード裏の埠頭からコンビナートを眺めていた

歌手:cali≠gari
作詞:桜井青
作曲:桜井青

暗い海の向こう側
銀に軋む光
海は鉄とゴムの匂い
月も見えない

錆付いた毎日が過ぎて行く
今日をまた置き去りに過ぎて行く

暗い海の向こう側
真っ赤に揺れる炎
そっと指の先にのせる
月が笑った

錆付いた毎日が過ぎて行く
今日もなく明日もなく過ぎて行く

寂しくて 悔しくて 哀しくて
虚しくて 苦しくて 愛しくて
生きたくて 生きたくて 生きたくて

夢を信じていなければ―――――。

暗い海の向こう側