Menu

消防車 長澤知之 歌詞

消防車 長澤知之 歌詞

消防車

歌手:長澤知之
作詞:長澤知之
作曲:長澤知之

消防車が帰っていきます 実に役立たずでした
ファイヤーマンは全滅して僕の焼いたパンよりひどい
消防車が帰っていきます 背中に哀愁を乗せて
ファイヤーマンは中世の魔術師のような顔をしていました

骨の髄の髄まで 万遍なく火が通る 丸焦げのその頭で
最後に一体 何を考えたんでしょう?

消防車が帰っていきます 死者を増やすだけ増やして
ファイヤーマンの苗字は‘理性’という名の金庫だったのです

ホースから水が噴射 ようやく火事が収まる
でもまた君と会っても ファイヤーマンはとっくに墓の中です

消防車が帰っていきます
これだから今の若人は忍耐を覚えないのでしょう

すべては 君と僕とのベッドの中での情事