Menu

泥の月 奇妙礼太郎 歌詞

泥の月 奇妙礼太郎 歌詞

泥の月

歌手:奇妙礼太郎
作詞:奇妙礼太郎
作曲:奇妙礼太郎・中込陽大

誰も誰かを褒めたりしないけど
別にそれでいいじゃないか
汗とタバコ 酒となにか
汗とタバコ 汗となにか
そこにそこに そこにそこに
そこにそこに
ただあいつが歌ってたくだらない歌

DONT NOWAY BOY
いつでも待ってやがる
下手くそな歌が聞こえる
誰のものでもないから
破れたブーツの端 猫がなにかほしがる
まずい料理が出たら みんなで食べようかな

ママ、安い焼酎をくれ
昔いたあいつが飲んでた残りがあるなら
今夜それ俺が飲んでもいいことになってるんだ
月がうつる汚い水たまりに
弾けたのさ 誰かのタバコ
月が泥の中に浮かんでいる
それを犬がペロペロ舐める

温められないかい その壊れた電子レンジじゃ
こいつらの心 照らしてくれ
月明かりじゃなく そこにある懐中電灯で
聞かせておくれ 流行ってる歌なんかじゃない
あいつの馬鹿なやつ
教えてくれ そんなものに書いてあるようなことじゃなく
ライターの上手な回し方とか
娼婦の口説き方とか
タバコのいかしてる吸い方とか
頭のいいやつに馬鹿にされない方法とか
あんな風になりたいと思うなんて
おまえちょっとおかしいぜ