Menu

泣きぬれてひとり旅 水森かおり 歌詞

泣きぬれてひとり旅 水森かおり 歌詞

泣きぬれてひとり旅

歌手:水森かおり
作詞:河島英五
作曲:河島英五

あの人を京都の街で見かけたと教えられた
なぜかしら言葉にごらせ話すのは
わけがあるのでしょう
たぶん誰かと一緒に河原町やら
木屋町を歩く姿が忍ばれて
つらい恋です しょうがない
あなた追いかけ京都にひとり
街も華ぐ祭りの夜です
四条大橋たたずむ私
見知らぬ人に声かけられて
揺れる女心が悲しいの

あの人が金沢の街をひとりきり歩いていたと
何処かしら古い都の影背負い
肩を落としていたと云う
あなた探し続けるわけは
聞いておきたい事がある
ただそれだけのはずなのに
ひとりと聞いて心が騒ぐ
あなた追いかけ金沢にひとり
夏の夜風に身をさらされて
犀の流れを見つめる私
帰らぬ人と知ってはいても
さまよう女心がくやしいの

あなた追いかけ京都から金沢
悲しい女のひとり旅です
夜汽車の窓を流れる景色は
二度と帰らぬ 想い出か
せつない女心をわかってほしい