Menu

残侠子守唄 天童よしみ 歌詞

残侠子守唄 天童よしみ 歌詞

残侠子守唄

歌手:天童よしみ
作詞:たかたかし
作曲:弦哲也

「今日日(きょうび)『寄らば大樹の蔭』とかいう言葉が
巾をきかせているようでございます。楽(らく)をしようとする心が、
人間をだめにするのじゃないでしょうか。」

北の風吹きゃ北をむき
西の風吹きゃ西をむく
男の意地は どこにある
浮いた世間に 媚(こび)をうる
めだかみたいな奴ばかり

「時の流れとでもいうのでしょうか。
自分さえよければという手合(てあい)が多すぎます。
まっとうに生きようとすればするほど、
住みにくい世の中になったものでございます。」

声の大きい奴だけが
勝って得する世の中さ
男の道は 暗すぎる
どちら向いても 闇ばかり
どこに実のなる花がある

「どこもかしこも、すっかり狂ってしまったようでございます。
と、申しましても、夜毎(よごと)酒に溺れる私(わたくし)も、
決して、まともな人間じゃございません。」

すねに傷もつこのおれにゃ
まぶしすぎます お日様が
男の酒の ほろ苦さ
明日は どの色咲こうとも
おれは生きたい おれの道