Menu

月明かりイルミネイト MEZZO 歌詞

月明かりイルミネイト MEZZO 歌詞

発売日: 2017年1月26日
歌手:MEZZO
作詞:真崎エリカ
作曲:KAY
歌詞:
(環) その笑顔
(壮五) 凍えないように
(2人) 願いをかけて

(環) 行きつけのカフェ
(壮五) ドアの向こう側
(環) 変わらないコーヒーの香りがして 目を細めた

(壮五) 歩道橋 立って眺めたら
(環) そこらじゅう 散らばってる
(2人) 足跡たち

(2人) 数えきれない キミがそこにいて
追いかければ 風吹いて寒いよ
去年も巻いた マフラーなのにな
なぜだか温もり 足りないんだ
街を照らす まるでイルミネーション
綺麗なまま 僕の息を止めるよ
届かない 影踏みながら
ふと目を閉じた冬の日

(壮五) 忘れてくには
(環) 近くにありすぎて
(壮五) 無意識 手に取ったパフューム 同じ香りがした

(環) ガラス越し 映る街並みに
(壮五) 見慣れた シルエット
(環) 期待
(2人) しているみたい

(2人) 眩しい世界から 切り取られるなら
ふたりがいい そんな風に思ったよ
繋ぐ先 知らない右手は
かじかんだままで痛いね

(環) 息を切らしたって
(壮五) すぐにはもう会えない
(2人) わかってるよ でもまだスキだよ

(2人) 数えきれない キミがそこにいて
追いかければ 風吹いて寒いよ
去年も巻いた マフラーなのにな
なぜだか温もり 足りないんだ
街を照らす まるでイルミネーション
綺麗なまま 記憶にスライドしないで
届かない 影にささやく
白い吐息で Love Is Only

ROMAJI