Menu

春の風 崎谷健次郎 歌詞

春の風 崎谷健次郎 歌詞

春の風

歌手:崎谷健次郎
作詞:崎谷健次郎
作曲:崎谷健次郎

窓の外 一面に
薄紅の桜がゆれている
なんとなく僕は言葉を探して
席に着いた君に話してる

I wonder why 時を越えて
目の前で向かい合うなんて不思議さ

君といるだけで 愛はいつの間にか
春風に乗って 空へと舞い上がる
久しぶりに会ったけれど 変わらずに君は綺麗さ
「どんな気分でいるの?誰と一緒にいるの?」
その話し方が同じで少し笑った
お互い若すぎたけれど 心から愛していた

今だから言えるけど
別れた後は電話しないと決め
様子が気になっていても耐えたし
君と逢った場所も避けていた

And tender days 過ぎた夢が
切なさを連れてきたこともあった

君を見るだけで 愛はいつの間にか
春風に乗って 空へと舞い上がる
昔からの友達のように 温かい気持ちになれる
あの頃の僕は背伸びをしてたけれど
今なら全てを受け止められるだろう
失ったものもあるけど それ以上の愛があった

会話を止めた瞬間に
優しい微笑を映して
花びらがこぼれてる

君といるだけで 愛はいつの間にか
春風に乗って 空へと舞い上がる
僕が閉じたページの先の 物語を知らなかった
また昼にランチしようよ、と話したら
一度くらいならいいよ、と答えながら
振り向くと遠くなる君が 気が付いてまた手を振った

Blossom wind, and wonder why,
And tender days