Menu

映幻日 神はサイコロを振らない 歌詞

映幻日 神はサイコロを振らない 歌詞

映幻日

歌手:神はサイコロを振らない
作詞:柳田周作
作曲:柳田周作

幸も不幸もない 感情さえもうない
流れ作業のように息を吸って吐いて
触れれば崩れ堕ちていく
ザラついた塊 波打ち側に立って

ひび割れて溶け出す 硝子玉に刺す
時計台は無情にただ時間を刻んだ

燻っていたのはきっと孤独に怯えていたから
断ち切ったはずのあの愛は未だ身体中が覚えている
重なり合った日々を忘れたくなくて
傷痕は消えぬまま

独りよがりでもいい
幼気な身体にただ触れていたいだけ
君の幸を願い
壊れていかないようにそっと
隠し持っていたんだ
錆びきった刃を眺め揺らめいて

燻っていたのはきっと孤独に怯えていたから
断ち切ったはずのあの愛は未だ身体中が覚えている
重なり合った日々を忘れたくなくて
傷痕は

変わり果てる街並みの景色と君
置き去りにされても苦悩の先へ
零れ堕ちる涙も乾かない夜に
蝕んだままの欠落を