Menu

放課後てれぽ~と さよならポニーテール 歌詞

放課後てれぽ~と さよならポニーテール 歌詞

放課後てれぽ~と

歌手:さよならポニーテール
作詞:マウマウ
作曲:マウマウ

君のポッケに入れた丸いクッキー
何度もポッケ叩いたら
何枚でも増えていくよって君が笑う
まるで嘘つきみたいに笑う君
「種も仕掛けもございません!」
まるで魔法みたいな君の秘密 教えて

放課後の理科室で怪しげに光るフラスコ
ねえねえ今日はどんな魔法を
君は僕にかけてるの?

チクタク針のリズムに乗って僕ら踊りだす
突然我に返った僕らゲラゲラ笑いだす
これが君の秘密のサイエンス

ゆる~くだらだら毎日過ぎていって
気がつくと君のことばっか考えてる
「水兵 リーベ 僕の船」みたいに
勉強してても ご飯食べてても
1日中君のことばっかばっか

まるで昨日の事が嘘みたいだ
街もなんだか土砂降りで
君もなんか浮かない顔してるよ

放課後の校庭で君が空に何か投げたら
だんだん空が晴れてって
夕日が僕らを照らしだす

ジャブジャブ水たまりで跳ねて僕ら遊んでる
チラチラ僕を見ながら君は笑ってる
僕は君の実験台さ

広い広いこの世界のどこかで
誰かが何かを実験をしていて
誰も見たことがない 食べたことがない
甘い甘いお菓子を作っているのかも

チクタク針のリズムに乗って僕ら踊りだす
けんけんぱしていつも時間を持て余してる
ジャブジャブ水たまりで跳ねて僕ら遊んでる
ケラケラいつも僕を見て君は笑ってる
君は僕だけのサイエンティスト