Menu

想い出ボックス 左藤淳哉 歌詞

想い出ボックス 左藤淳哉 歌詞

想い出ボックス

歌手:左藤淳哉
作詞:左藤淳哉
作曲:左藤淳哉

手のひらからこぼれた水
ひと時の思いで放った言葉
君の想いどれも取り戻すことはできない
そんな気持ちが心を押しつぶす
ほかの気持ちじゃ押し返せない
遠くで笑っているのかな 君が何しているかなんて
気にならないよ そう言い聞かせているのに
指がひとりでに君のページを開いているんだ
この想いを心の中の箱にそう簡単には出てこないように
奥のほうに 時がいい想い出に
かえてくれるまではしまっておこう

いつもの待ち合わせの場所 二人で歩いた
広い公園 君の笑顔
どれも楽しかった想い出だけれど
できるならもう クシャクシャにして
ゴミ箱に投げ捨ててしまいたい
泣かないと決めていたのに  楽しかった想い出が
涙のタンクの もう今にでも
外れてしまいそうな 栓を抜いて流そうとするんだ
この想いを心の中の箱にそう簡単には 出てこないように
奥のほうに時がいい想い出にかえてくれるまではしまっておこう

忘れなくちゃ わかっているんだけど
君の想い出が逃げてもついてきてしまうんだ

どうしても君の想い出を追い出すことは
出来そうにないみたいだそれならもう
同じくらいの想い出を作っていくしかないんだね
想い出を心の中の箱にそう簡単には 出てこないように
奥のほうに 時がいい想い出にかえてくれるまではしまっておこう
次へ進むための 想い出ボックス