Menu

恋は火祭り 純烈 歌詞

恋は火祭り 純烈 歌詞

恋は火祭り

歌手:純烈
作詞:喜多條忠
作曲:徳久広司

恋は火祭り

港のあかりが またたき始め
寄り添った肩と肩 スパークしてる
今夜のシャンパン コハク色なのさ
わかってくれるよね ちょいと張りこんだ

恋は火祭り 淋しいこころに
激しく燃える 篝火(かがりび)見えるだろ
帰さない いやだ 帰さない
今夜は このまま 夜明けまで

恋は火祭り

外国船から 陽気な奴が
口笛でひやかすよ 親指立てて
桟橋テラスに 潮風吹いて
涙が乾いたら 僕に恋してよ

恋は火祭り 思いもかけずに
火の粉が舞うよ ふたりのめぐり逢い
帰さない いやだ 帰さない
今夜は このまま 抱きしめて

恋は火祭り 思いもかけずに
火の粉が舞うよ ふたりのめぐり逢い
帰さない いやだ 帰さない
今夜は このまま 抱きしめて

恋は火祭り