Menu

始まりの歌 緑黄色社会 歌詞

始まりの歌 緑黄色社会 歌詞

始まりの歌

歌手:緑黄色社会
作詞:長屋晴子
作曲:長屋晴子

君は越えていったんだ
僕のキャパシティを
君は越えていったんだ

羨んでいるのさ
君の掴んだもの
羨んでいるのさ

足元の鎖が疎ましく感じてる
自分で繋いだだけなのに
耳元で囁く甘い心の声に
うずいてる 揺らいでる
目覚まし時計が鳴る

さあ始めようか
僕のイメージの先へ飛び立とう
何度でも始まりの歌を歌おうルラララ
もう終わりなんて決めつけてしまわないように
ララルラ ララルラ ララルラ
さあ 歌おう

君は越えていったんだ
僕のキャパシティを
君は越えていったんだ

諦めていたのさ
多くを望む事を
諦めていたのさ

飛び込んだ世界に雨が降り続いても
ただ信じ続けていればいい
頭の中を過る弱い心の声に
打ち勝てる気がしてる
胸が高鳴っている

さあ始めようか
僕のイメージの先へ飛び立とう
何度でも始まりの歌を歌おうルラララ
無限に繋がってきっと輝けるはずだよ
ララルラ ララルラ ララルラ
さあ歌おう

噛み締めた言葉が
いなくならないうちに
握り締めた拳が
解かれないうちに

ハジメルことからハジマル僕のこれからに
少し迷ったらこの歌を抱きしめよう

さあ始めようか
僕のイメージの先へ飛び立とう
何度でも始まりの歌を歌おうルラララ
もう止まらないさ
見たことのない世界目指して
ララルラ ララルラ ララルラ
さあ歌おう
歌おう
歌おう
ラララ