Menu

奇跡のダイヤモンド 沢田知可子 歌詞

奇跡のダイヤモンド 沢田知可子 歌詞

奇跡のダイヤモンド

歌手:沢田知可子
作詞:沢田知可子
作曲:沢田知可子・小野澤篤

ダイヤ握りしめて
この世に生まれた宿命
夢を背負い 果てしない一秒
自分と闘う日々

光る水の中で
涙も汗もとけて行け
君が想む(のぞむ) 無我夢中のゴール
終わりなき青春を

躓(つまづ)いても 自棄(やけ)になっても
悔しくて立ち止まっても
君の朝日昇らせたら また泳ぎ出せばいい

ダイヤ磨き上げて
世界を目覚めさせて行け
胸の鼓動 弾けそうなレース
生きる力に変えて

疲れ果てて 眠る夜も
遠回りして不安な時も
君の朝はちゃんと昇る 愛を抱いておやすみ

夜明け前の空 泳ぎながら
幾千マイルの時を超えて
血となり肉となり 勝利への道しるべ

躓いても 自棄になっても
悔しくて立ち止まっても
君の朝日昇らせたら また泳ぎ出せばいい

愛を込めて 分かち合おう
最高の涙 ありがとう
奇跡を呼ぶアスリートよ
メダルはダイヤモンド
奇跡のダイヤモンド