Menu

夜の森 カーネーション 歌詞

夜の森 カーネーション 歌詞

夜の森

歌手:カーネーション
作詞:直枝政広
作曲:直枝政広

花が雪のように降る頃
戻ることはまだ叶わなかった
祈りが風に乗って届いたら
静かにまぶしさを思い出して いつか
夢を語り合おう
ここで

羊歯の群れが囁くように
眠る夜はいつもと変わらない
時間だけが ただ過ぎてゆくのならば
だれかにこの悲しみを伝えて すぐに
屋根を照らしている
月よ

夜の流れが歌を運び
夜の森は花に沈んだ