Menu

夏 さユり 歌詞

夏 さユり 歌詞

歌手:さユり
作詞:さユり
作曲:さユり

目を覆いたくなる傷口に砂糖水を垂らして
アイスキューブで麻痺させたような 淡い 甘い 昼下がり

扇風機の首はちゃんと回した状態にしておくのだよ
増幅する悪夢の粒子に 負けないように

全然痛くも痒くもないから
君は泣いたりしないでいいから
散々喚いて暴れて 泣いたら
もう疲れたろう? タオルケットにくるまって眠ろう

手の届かない空見つめてる ビー玉みたいな目が好きよ
固く握ったその手の平の中には 何が入っているの?

遅くなってもいいけど
あんまり遠くには行かないでね
夏祭り があるんだってさ
いつか
行けたら なんて

二人でこのまま 静かに暮らそう
どこにも繋がらないこの部屋に
君の好きなヒナゲシが咲いたら
それはもう 綺麗だろうな

全然痛くも痒くもないから
君は泣いたりしないでいいから
散々喚いて暴れて 泣いたら
もう疲れたろう? タオルケットにくるまって眠ろう
こっちへ来てよ

もうすぐ夏だ