Menu

夏夢 水瀬いのり 歌詞

夏夢 水瀬いのり 歌詞

夏夢

歌手:水瀬いのり
作詞:森村メラ
作曲:松本サトシ

急な通り雨が 水溜まりをひとつ
つくる間にみた 夏模様

青空を横切る あのひこうき雲の
行き先をぼんやり追いかけた

灼けたアスファルトのうえ 手をふる陽炎
なだめるように吹く風をかき消した 蝉時雨

ふり返れば 夏夢
眩しすぎた 全てが
時空―とき―を止めたいと
何度そう呟いたか知ってる?

記憶のなか微笑んだ
懐かしい横顔は
眼を閉じても あの頃のまま
なにも変わらずに彩る面影

ひぐらし鳴く夕暮れ 窓をあけてみれば
流れてきたのは天の川

夏の星座を辿れば繋がる気がした
もしまた同じような日々を
過ごせたら? 戻れたら?

目を閉じれば 夏夢
甦るよ 一瞬で
あざやかに強く 淡くよわく
寄せて返す波のよう

駆け抜けてく風の声
この暑さ 忘れない
そっと教えてくれたヒミツ
誰にもいわずにいまも胸の中

まるでほら 思い出は蜃気楼のように
いまはもう あるはずのない未來を映すよ
どこか切なくて なぜか愛しくて
つい手をのばしてしまう

ふり返れば 夏夢
眩しすぎた 全てが
時空―とき―を止めたいと
どうしても伝えること出来ずに

記憶のなか微笑んだ
向日葵が咲いた道
どこまでも行けると信じて
歩きだした道 明日をみあげて