Menu

夏の終わりの雨音が 高海千歌(伊波杏樹)・松浦果南(諏訪ななか) 歌詞

夏の終わりの雨音が 高海千歌(伊波杏樹)・松浦果南(諏訪ななか) 歌詞

夏の終わりの雨音が

歌手:高海千歌(伊波杏樹)・松浦果南(諏訪ななか)
作詞:畑亜貴
作曲:片桐周太郎

雨音 窓を叩く
空から私のような悲しみ降ってる
とめどなく今を濡らして
思い出なんていらないの
こころが苦しくなるだけだと
No more! September Rain
No more! September Rain

いつだってあなたは身近だった
わざわざ気持ちを確かめるってことも
必要じゃなくて

自然に仲良くなれたから
安心してたのかもしれないね
どうして? 波に問いかけるけど

夏の始まりが 連れてきた想い
夏が終わる時 消えちゃうものだったなんて
知らなくて ときめいてた暑い季節

海辺の空が光って
とつぜん雲が流れ
大粒の雨 私のなかの涙みたい
こんなに楽しい夏が
ずっと続いてくって信じてたよ
But now…September Rain
But now…September Rain

いつかは記憶も薄れちゃって
なんども季節が変われば埋もれてく
そして笑えるのかな

夏の始まりは(灼けつく陽射しで)
甘い期待から(出逢いの予感へと)
夏が終わる時 消えちゃうものだったなんて
切ないね 誰もいないひとりぼっち

雨音 窓を叩く
空から私のような悲しみ降ってる
とめどなく今を濡らして
思い出なんていらないの
こころが苦しくなるだけだと
No more! September Rain
No more! September Rain

海辺の空が光って
とつぜん雲が流れ
大粒の雨 私のなかの涙みたい
こんなに楽しい夏が
ずっと続いてくって信じてたよ
But now…September Rain
But now…September Rain