Menu

声飛行 Gutevolk 歌詞

声飛行 Gutevolk 歌詞

声飛行

歌手:Gutevolk
作詞:Gutevolk
作曲:Gutevolk

漂い浮かび消え色を増し
蒼く燃えて廻り消える
螺旋を描くようなくちぶえに
透明の旋律がゆれる

名前のない花のかおり
人知れず遠くへ飛来する
つながる空ぼくら
幾何学の星のした手をつないでる

Can not hear your voice any longer
Radio waves’s mischief interruption,
Can not hear your voice any longer
Radio waves’s mix up conversations

走る街に溢れる闇
雲のグレイ
ぼくを照らすように
ゆっくりと空をすべり落りながら
ずっと追いかける月

風の音にまぎれたぼくの声を
聞き逃さないように
そんなふうに瞳とじて
耳を澄まして待っていてほしい

廻る永遠の夜を止めて
とぎれる電波の向こうへ
逢いに行く今から
真夜中のメトロ スピードを上げて
ぼくを運んでく 風をこえて