Menu

告白 上白石萌音 歌詞

告白 上白石萌音 歌詞

告白

歌手:上白石萌音
作詞:秦基博
作曲:秦基博

最後に 伝えようとしたの
あなた 気づいてたよね

それなのに はぐらかして
ズルイよ 言えずじまいだ

こんなにも苦しい日があったことも
いずれ 忘れてしまうのかな
あんなにも愛しい人がいたことも
いつか 忘れられるかな

ハラハラ 散る花びらに紛れてく
あなたの背中 ずっと眺めていた
2人は 近づきもせず 遠くなる
巡る季節が 通り過ぎても 動けないまま 私だけが

あの時 打ち明けていても
同じ未来だったの?

子ども扱いをしてさ
すぐにからかう あなた

古ぼけた白い校舎の壁が
いやに輝いて映った
どれほどに強く 願ったとしても
二度と 戻れはしないのに

今では 無い 花びらを見上げてる
向こうの空が 透明に滲んだ
1人じゃ 支えきれずに うずくまる
今日の日差しは その笑みのように
狂おしいほど 優しいから

ハラハラ 散る花びらに 消えてった
あなたの幻影(かげ)に そっと手を伸ばした
私は いくあてもなく 歩き出す
幾度 季節を こえたとしても
この傷跡を抱えたまま

悲しいくらい
あなたのことが好きでした