Menu

君と、君が誰だろうと 久瀬いくみ 歌詞

君と、君が誰だろうと 久瀬いくみ 歌詞

君と、君が誰だろうと

歌手:久瀬いくみ
作詞:久瀬いくみ
作曲:久瀬いくみ

言葉だけが口をついて出て 零れ落ちた 雨のように
何もかもがもどかしくなって 今
君の姿探し始めた 冷静さを手放してまで
凍えるような灼熱の中から

唯一僕を溶かす君を 手に入れたい
僕のものにできるのだろうか

簡単に過ぎ行く今日と引き換えにして 僕らだけの明日をひとつ
途方も無く限りある未来ならば 君と、君が誰だろうと

言葉だけじゃ足りなくなって 求めた先は海のように
もう何もかもが胡散臭くなって 今
言わないでくれ 悲しいことは
泥まみれもとうに慣れて
触れることに戸惑って でもまた

僕は君に手を伸ばして 手繰り寄せる
僕のものにできないとしても

君は何も言わず 何も疑わず ただ僕に守られていて欲しい
君の為とあらばこの身を投げ打つのは なんて容易いのだろう
簡単に過ぎ行く今日と引き換えにして 僕らだけの明日をひとつ
途方も無く限りある未来ならば 君と、君が誰だろうと

信憑性の無い真実で謀って 騙すようなふりで僕を救って
ここまで一人で生きてきたのに 君と出会って

言葉なんて必要無くなって 淀んだ雲はとうに晴れて
君無しではいられなくなって 今