Menu

君だけが消えない 工藤慎太郎 歌詞

君だけが消えない 工藤慎太郎 歌詞

君だけが消えない

歌手:工藤慎太郎
作詞:工藤慎太郎
作曲:工藤慎太郎

揺れる街明かり 一人帰る道
今 君はどこで誰とこの月を 見上げているんだろう
あの時 夢にすがりついて 振りほどいた君の手は
僕の心のはじっこを 握りしめて放さない

君の好きだったジョークも 君の欲しがったリングも
君と二人はしゃいだ夏の日も
肩を寄せ合い写真の中 何も知らず笑ってる
上がる花火を見ながら「また来年も来よう」って
夜の海で交わした口づけも
焼けた素肌が色あせても 君だけが消えない

眠りから覚めて カーテンの日差し
今 君はどこで誰とこの朝を 迎えているんだろう
あの時 告げたさよならが こぼした涙の影
僕の心をナイフのように 突き刺したまま動けない

君の好きだったジョークも 君の欲しがったリングも
君を乗せて走ったバイクも
声が聞こえず頬を寄せた 風に揺れる長い髪
脱ぎ散らかしたシューズも 一人くるまる毛布も
少し冬の寒さも慣れたけど
気づけば 人波 街の中 君のこと探してる

上がる花火を見ながら「また来年も来よう」って
夜の海で交わした口づけも
焼けた素肌が色あせても 君だけが消えない
焼けた素肌が色あせても 君だけが消えない