Menu

十億年 さユり 歌詞

十億年 さユり 歌詞

十億年

歌手:さユり
作詞:さユり
作曲:さユり

流されて辿り着いたここでは
役割を皆が担い暮らしている
一筋の藻になって
夜明け前を旅し続けている 淡々と

流されて辿り着いた歴史は
いつでも何かに怯え進んできた
あの頃のわたしは 何者だったけ?

怖くて
目を開けられなかったけど今なら
信じられるような気がした

海の底

巨大な巨大な不安と
戦ってやっと出会えたんだ
偉大だ偉大だ、
綺麗なものばっかりでさ
寂しくなって
水を掻いた ヒビを描いた
欠いた何か探していた
この向こうには ねぇ?何が、あるのかな

流された わたしたちは誰もが
何かを失ってここへ来たらしい
0じゃなく空白をもって生まれたんだと

だから悲しくなるのは当然なんだって
渇いた肺で光を吸った 空の底

広大な広大な大地の上で
いくつもの祈りが生まれて
膨大な膨大な涙を流し
世界を巡る その旅の間に
地図を書いて 夢を描いて
呼吸の意味 探していた
この時代でこの場所で 何ができるかな

もう少し
もう少し
先で繋がっている

わたしは
あなたは

この体は
巨大な巨大な奇跡だ

巨大な不安と戦ってやっと出会えたんだ
偉大だ、綺麗なものばっかりでさ
寂しくなって
水を掻いた ヒビを描いた
欠いた何か探していた
この向こうには ねぇ?何が、あるのかな
この時代でこの場所で 何ができるだろう