Menu

世々ノ道 浪川大輔 歌詞

世々ノ道 浪川大輔 歌詞

世々ノ道

歌手:浪川大輔
作詞:ミズノゲンキ
作曲:R・O・N

流離いの旅に 果ては見えぬまま
飽く無き強さを 求めゆく

疾風怒濤 目にも止まらぬ時代に
確固不動 何も動じぬ意志で

いざ行かん どちらかの身が
朽ちるまで

突き通す魂を 命に宿したら
天下を分かつ果し合いの合図
積み上げた証には 己の過去を問う
最後の一つは我にあり
誇り高く勝鬨を 上げよ

幾千の因果を 背負い続けては
次の舞台へと 挑みゆく

明鏡止水 迷いなどとうに捨てた
一心不乱 進め信じる道へ

いざ行かん 避けられぬなら
受けるまで

引かれ合う定めなら 何度も立ち向かおう
望みを全て太刀筋に乗せて
吹き荒れる嵐でも 自在に型を変え
狙いは寸分違わずに
守るものがある限り先へ

美しく散る花びら
時に儚くただ強く

いざ行かん 翳した声が
枯れるまで

突き通す魂を 命に宿したら
天下を分かつ果し合いの合図
積み上げた証には 己の過去を問う
最後の一つは我にあり
誇り高く勝鬨を 上げよ