Menu

下の名で呼べたのは… NGT48 歌詞

下の名で呼べたのは… NGT48 歌詞

下の名で呼べたのは…

歌手:NGT48
作詞:秋元康
作曲:田靡達也・名雪亘

初めて出会った時は みんな
なぜか俯(うつむ)いていたね 誰も…
よくわからずに人見知りしていた

それぞれの夢持って
この場所に集まったのに
なかなか一つになれなかった
ねえ

下の名で呼べたのはいつだろう?
ある日 ふいにごく自然に呼んでいた
温もりが心に伝わるまで
背中 見ている時間が必要なんだ

厳しいレッスンの時 そっと
声を掛けてくれたよね いつも
できないことを一緒に乗り越えた

少しずつお互いを
理解して話し始めた
未来のこととかチームのこと
ねえ

友達になれたのはいつだろう?
突然じゃなく 土から芽が出るように…
ゆっくりとやさしさに照らされて
笑顔になって花びらが開いたんだ

競い合うライバルよ
(誰もが不安抱えてるけど)
その前に仲間だと想う
(力を合わせ歩いて行こう)
信じなくちゃ何も始まらない
いつかはみんなであのステージで
最高の願いを叶えよう

下の名で呼べたのはいつだろう?
苗字とか さん付けはよそよそしい

下の名で呼べたのはいつだろう?
ある日 ふいにごく自然に呼んでいた
温もりが心に伝わるまで
背中 見ている時間が必要なんだ

友達よ 歌おうよ

ラララ…

下の名で呼びながら
もう一度 歌おうよ

ラララ…