Menu

ユーフォリア Halo at 四畳半 歌詞

ユーフォリア Halo at 四畳半 歌詞

ユーフォリア

歌手:Halo at 四畳半
作詞:渡井翔汰
作曲:渡井翔汰

灰を被った心臓が人知れず歩いている
煙が覆った空を見上げることもなく
誰もが彼を恐れてる 化物のようだと
灯りを消せば何が違うのだろう

千年後を語るように 想像へ縋っている
錆び付いた心でも 叶う日を待ち侘びながら

誰かがそっと呟いた
「ここじゃ夢は廃品で、紙屑の様に
そこら中に捨てられているのさ」

それなら僕と同じだね
人は僕らを生んで
気付く頃には嫌われていたよ

先天性の幸福を使い切ってしまったんだ
悲しみに出逢うたび 為す術もなく
永遠なんて偶像が どうか終わりますように
願うたび 日々を削っていく

煙で溢れたこの街に 空を見上げる者などいない
それでもただ あなたは夜空を見ていた

明滅する街灯が僕らに残された希望ならば
悲しむことはない 僕らはもうひとりじゃない

何をしても孤独だった 寂しいさえ言えずにいた
錆びた心であっても あなたを思っている

千年後を語るように 永遠が続くように
失うことを知ってもすべてを守りたい
想像へ縋るように 夢を抱えたままで
行けるさ 煙さえも超えていく 夜空を裂いて

灰を被った心臓が人知れず歩いている
煙の晴れた空を見ていた