Menu

ベッド・シッティング・ルーム 宇宙まお 歌詞

ベッド・シッティング・ルーム 宇宙まお 歌詞

ベッド・シッティング・ルーム

歌手:宇宙まお
作詞:宇宙まお
作曲:宇宙まお

少し 雨が降ってきたから
急ぎ足で着いた バス停
ベンチは空っぽ
ふとした瞬間がいつも
怖くなる
ひとりになったとき
怖くなる

ひとつ 訊きたいことがあるんだ
最後のキスは 本物?
それとも
まぁいっか どっちでもいいよ
君がいいなら
君がいいなら
君がいいなら

この胸が まだ痛い
君がまだ 隠れてる
この胸が まだ痛い
君がまだ そこにいる

Bed-Sitting-Room

寒い 冬の朝と
渇いた喉
隣で眠る君と
日が射す フローリング
ふとした瞬間がいつも
愛しかった
愛しかった
どうしようもなく

この胸が まだ痛い
君がまだ 隠れてる
この胸が まだ痛い
君がまだ そこにいる

Bed-Sitting-Room

この胸が まだ痛い
君がまだ 隠れてる
この胸が まだ痛い
君がまだ そこにいる

この胸が まだ痛い
君がずっと 隠れてる
この胸が まだ痛い
君はずっと そこにいる

この胸が まだ痛い
この指が 覚えてる
この腕が 求めてる
君をまだ 探してる

その声が 残ってる
君はずっと そこにいる
その時が 止まってる
君はずっと そこにいる

Bed-Sitting-Room