Menu

フラクタル 神はサイコロを振らない 歌詞

フラクタル 神はサイコロを振らない 歌詞

フラクタル

歌手:神はサイコロを振らない
作詞:柳田周作
作曲:柳田周作

起死回生を願い
どれほど経ったのかは分からないまま
僕はまだあの光景を忘れられずにいる
夜の帳に運命を問いかけては途方に暮れている
幽霊船のように漂う

花は散り際に何よりも美しく
幾千の星屑達よ
何処へ君を連れていく

鳴り響く空を越えて何千
この命は今誰の為
揺らいだ日々に流れる涙
ドラマチックな空に問いかけ
音の響き渡らない場所
向こう岸に立つ君の元まで
果てなく続く余生に
四六時燦然とした愛を永遠に唱え

She used to be inside me.
触れ合う指先は小刻みに震えていたのに
目隠しした身勝手な僕と
悟られぬよう自らを犠牲にして
優しく包むように慈愛に満ちていた君

夢の中でさえ狂おしく美しく
失った今 もう輝き出す事はないよ

明け方包まった君の側で
微笑み合うただそれだけで
心の隙間埋めてくれてた
エゴイズムで満ちた愛だけが
錯覚した孤独の夜に
君の声を聞いた気がした
果てなく続く余生に
四六時燦然とした愛を永遠に誓う

混ざり合って溶けてゆく
水彩のような二人の距離は
時を越えていつの日か
再会を果たしそうで

鳴り響く空を越えて何千
この命は今誰の為
揺らいだ日々に流れる涙
ドラマチックな空に問いかけ
この命は何処にでもある
取り替えのきく代用品で
君のいない世界に
記憶も愛も全て投げ出せたら