Menu

ハルカゼ~You were here~ 777☆SISTERS 歌詞

ハルカゼ~You were here~ 777☆SISTERS 歌詞

ハルカゼ~You were here~

歌手:777☆SISTERS
作詞:SATSUKI-UPDATE
作曲:SATSUKI-UPDATE

風のない春の陽射しのなか
いま君はひとり歩きだした
抱えてた想いを
今日の空にかさねながら

冬の終わりに咲いた白い花は
まだ震えているけど
言葉にならなくて
胸の奥で手を振った

どうしてどうして
あのとき笑っていたの
確かな答えはないけれど
僕たちは旅立つ

歩きだした君の一歩は
いつの日にか春風になる
どんなに遠い空へでも
羽ばたいて明日を描く

忘れないで君の泪は
いつの日にか花びらになる
どんな綺麗な花よりも
鮮やかな風になる

君と見てた飛行機雲はいつか
彼方に届いたかな
教室の窓ぎわ
僕らきっとわかってた

誰もが失くした
ものを数えているよ
冷たい風に吹かれながら
それでも君は行く

行き場のないその悲しみや
繰り返した過ちこそが
どんな強い光よりも
輝いて道を照らす

誰かと生きてく喜びも
誰かと交わしたさよならも
雨上がりの空にかけた
君だけの虹になる

夏に見たあの空をこの目に刻んで
秋を探す足音を両手に包んで
冬にした約束を忘れないよ
誰もがみな 春を待つ蕾

歩きだした君の一歩は
いつの日にか春風になる
どんなに遠い空へでも
羽ばたいて明日を描く

忘れないで君の泪は
いつの日にか花びらになる
どんな綺麗な花よりも
鮮やかな風になる

いつの日か空に咲く