Menu

ハルカゼメロディ D-LITE(from BIGBANG) 歌詞

ハルカゼメロディ D-LITE(from BIGBANG) 歌詞

ハルカゼメロディ

歌手:D-LITE(from BIGBANG)
作詞:D-LITE・亀田誠治・KOTA76
作曲:D-LITE・結城麗花

息もつけないほど
走り続けてきたんだ
立ち止まったら 日常に
追い越されそうで

あの頃はまだわかってなかった
何も言わずそばにいてくれる
君の温もりを

春風が奏でるメロディ
ふたり重ねてきた日々が
今を輝かせ
もし離れても 泣かないで
ずっとあたたかな太陽が
僕らつないでいるから

鏡に映った僕は
生きているのかな
時々自分を
見失いそうになるんだ

少しの間 目を閉じて
立ち尽くし 胸の中映る
君を思い起こす

春風が奏でるメロディ
ふたりの描いた軌跡は
明日へとつながって
もし離れても 泣かないで
こんなやわらかい音色で
君をつつみこむから

君の笑顔に
その優しさに
いつも守られているよ
ありがとう

春風が奏でるメロディ
ふたり重ねてきた日々が
今を輝かせ
もし離れても 泣かないで
ずっとあたたかな太陽が
僕らつないでいるから

君のために歌い続ける