Menu

ステラ・ノヴァ Halo at 四畳半 歌詞

ステラ・ノヴァ Halo at 四畳半 歌詞

ステラ・ノヴァ

歌手:Halo at 四畳半
作詞:渡井翔汰
作曲:齋木孝平

彗星が落ちる
そんな報道が僕らの街中を駆け巡っていた
未曾有の事態に誰もが隠れていた絶望と
目を合わせたのだろう

そうして ただ時間は零れ落ちていった
空が煌めいたのを君と見ていた

一等星が遠く光って 煌々と照らしている
瞬間 僕らは綺麗だなんて口に出せずにいた
微かな希望の灯りを灯せ
ステラ・ノヴァ

民衆は語る
これは遙かな過去から決まった運命なのだと
都合の良い理由だ

なあ 受け入れるためだと 自分を騙すような
予定調和をドラマなんて呼べないんだ

夜がまた僕らの隙間を蝕んで
震えた手のひらに熱が通えば

一等星の後を追って 僕ら走り出していた
瞬間 走馬灯のように抱いた思いを見つけた
どうやら 大切なことから忘れていく
ステラ・ノヴァ

いつか最期を迎えて 永遠なんてないと知る
幸福も不幸でさえも0に変わるのかな

こうして また隣で夜明けを待っていた
綺麗事はいつしか願いに変わりゆくのだと
今気付けたから

一等星が遠く光って 瞬間 僕は手を握る
最期を待つより 伝え残したことがあるから
いつかは夢を見たまま 眠りに就いて
空に煌めくひとつになること
君が君になるための ステラ・ノヴァ