Menu

サソリ座の歌 スティンガー / サソリオレンジ(岸洋佑) 歌詞

サソリ座の歌 スティンガー / サソリオレンジ(岸洋佑) 歌詞

サソリ座の歌

歌手:スティンガー / サソリオレンジ(岸洋佑)
作詞:藤林聖子
作曲:岸洋佑

大地に強い風がふき
宇宙(そら)に夜が降りるころ
星の砂を数えながら
光ともる明日(あす)に向かう

砂漠をさまよいながら
絆を手綱に
希望 心を赤く染めて
アンタレスは 輝いた

天の川は流れてく
時のよう止まることなく
たとえ どこへ運ぼうとも
帰る場所はひとつだけ

花も木々も草も
枯れ果てた大地でも
垣間見た宇宙(そら)に
幾つもの星団(せいだん)が
教えてくれたよ
仲間と共にあれば
さそり座の 誇りは永遠
光り続ける

体宿る毒は
勇者であった証
仕えし神への
忠誠の証だと
教えてくれたね
懐かしいあの顔が
いつまでも 瞳を閉じれば
語り続ける

今もオリオンの背中 追いかけ

大地に強い風がふき
宇宙(そら)に夜が降りるころ
星の砂を数えながら
光ともる明日(あす)に向かう