Menu

サキワフハナ 三森すずこ 歌詞

サキワフハナ 三森すずこ 歌詞

サキワフハナ

歌手:三森すずこ
作詞:中村彼方
作曲:岡部啓一

運命の呼び声が 少女の目を覚ます
この惑星(ホシ)の裏側も 見捨てたりしないと

太陽を反す波 きらめいた
あまりにも眩しくて 背けていたの
愛すれば失くすこと 知ってても
いま願わずに いられなくて

きっと きっと 太古から
それは 儚く清く織り成す 花の記憶
ずっと ずっと いつまでも
君が光になっても 人々はまた種を埋める

永遠に忘れない 震える肩を そっと包み込む
優しかった その手の温もりを

人生の色の数 正しさが
守るべきもののせい 痛みがあるの
生きるため仕方のないことだから
信じ抜いてく この正義を

願う 願う 人々の
心を少女は覗く 神に憧れたまま
例え 例え 花びらが
散る瞬間を 誰も見てなかったとしても いいの

知らず 知らず この惑星(ホシ)は
昔誰かが夢に描いたあとの世界
そして そして 私たち
君が繋いだ思い抱いて やがて花を咲かす

願う 願う 人々の
心を少女は覗く 神に憧れたまま
例え 例え 花びらが
散る瞬間を 誰も見てなかったとしても いいの