Menu

サイレントノイズ 相川七瀬 歌詞

サイレントノイズ 相川七瀬 歌詞

サイレントノイズ

歌手:相川七瀬
作詞:有村竜太朗
作曲:長谷川正

プラットホームは真空 最終列車が通過
夢の終わりに着いたような気がして嗤う
運命線を辿ったら シアトリカルな新宿
結んで解いて掌に 何残すの?

恋情は憐憫に到るんで サンプル版が丁度いいのに
更新ばっか 感傷主義は日常化

刹那 こゝろ過る残像は いつか消えてしまう理と
記憶 組み合わせて再生を 奏でれば世界に響く サイレントノイズ

頭上でカラスが舞えば 真っ黒な天使みたい
低いハミングで懺悔歌えど 戯言

価値観は人それぞれだもん うしろのしょうめんだぁれ?
無駄にしちゃった存在証明 再発行

故に 脳裏刻む残響も いつの間にか違う声になる
バイパス そのままの僕を鳴らせ あてのない世界が回る

天秤ばかりに掛けたなら 君、僕、等しくシンメトリー
或る筈のモノが無い此処に 間に合わせの星座 ギラギラ

刹那 こゝろ過る残像は いつか消えてしまう理と
記憶 組み合わせて再生を 繰り返すだけ
その間、数秒ほどの空白に 何度恋い焦がれて堕ちていく?
自作自演の色事なれど 鮮やかな色に変えて バージョンアップ           
プラットホームはもう遠く 窓にはビル群の墓標
夢が終わったの告げるように いまトワイライト