Menu

インスタントラブ ハルカトミユキ 歌詞

インスタントラブ ハルカトミユキ 歌詞

インスタントラブ

歌手:ハルカトミユキ
作詞:ハルカ
作曲:ミユキ

完璧な嘘ついたつもりの君と
所詮、恋とは
損得勘定だけだった私

空腹 満たすために
適当に食べた
味とかもうどうでもいい
熱帯夜はだるい

「現在(いま)」なんて
青春の廃棄物だし
ツケは未来に回ってくし
甘えた2人を7月が
取り残していく

今すぐ欲しかったその体温
即席でいい でももういらない
3分待って食べられるインスタント
そうして生きてきた
待たせてたって 腐らない
片付けもない だけど気がつけば
空っぽで 虚しい

感傷をネタにして馴れ合うことで
面倒くさい 必要な会話
省いて済んでた

食べ残しなら
冷凍しとけばいいでしょう
つまみ食いして 何も責任を
持ちたくないだけ

せめて感受性は守りたいし
本気にしたって後悔するし
情はいつだって邪魔なだけと
言い聞かせている

大人って言葉はき違えた
子供だから 私たち2人
3分待って食べられるインスタント
そうして生きてきた
うっかりちゃんと 触れちゃって
火傷をして 馬鹿みたいね
もう嫌だから

消化できない昨日
胃もたれしている今日
甘えた2人を7月が
取り残していく

大人って言葉はき違えた
子供だから 私たち2人
3分待って食べられるインスタント
そうして生きてきた
うっかりちゃんと 触れちゃって
火傷をして 馬鹿みたいだ
もう嫌だから

今すぐ欲しかったその体温
即席でいい
でももういらない
3分待って食べられるインスタント
そうして生きてた
待たせてたって腐らない
片付けもない だけど気がつけば
空っぽで 虚しい