Menu

やわらかな明日 ニーナ・アレクサンドロヴナ(山村響) 歌詞

やわらかな明日 ニーナ・アレクサンドロヴナ(山村響) 歌詞

やわらかな明日

歌手:ニーナ・アレクサンドロヴナ(山村響)
作詞:松井洋平
作曲:向井健太

こういう私じゃなきゃダメだって
決めていた昨日、なんだったんだろう
広い青い空をみて憧れるのは
いつも浮かんでる白い雲のふわふわ

あなたみたいだって なぜか思ったの
つられて笑って固結び解けた

そばにいた時間が広がっていく (心の)
花が咲いたみたいになった胸の景色
やわらかな明日があるんだって (いつでも)
気づかせてくれたんだってちゃんと伝えたい
You’re my friend

遠い遠い星をみて憧れたのに
そこへ行こうって思わずにいたから

数えきれない光欲しがって
手を伸ばしたっていいんだって知った

言いたいわ あなたに逢えたから (心の)
風が吹いたみたいになった胸の景色
モフモフの綿毛にぶら下がって (願いの)
未来の種運んできてくれてありがとう
You’re my friend

ちゃんと言葉にはしないで形に寄り添って
歯痒い想いの理由気づかないふりしてたわ

風景に色をつけることが
不器用で苦手だって昨日まで思ってた私

そばにいた時間が広がっていく (あなたと)
花が咲いたみたいになった胸の景色
やわらかな明日があるんだって (いつでも)
気づかせてくれたんだってちゃんと伝えるわ
“You’re my friend”