Menu

もしも 福山潤 歌詞

もしも 福山潤 歌詞

もしも

歌手:福山潤
作詞:RYUICHI
作曲:JUVENILE

もし僕が一人のロボットだったら
この痛みや悩みなんて無くなるの?

靴紐の汚れにも気がつくほどに
うつむいて歩いた雨上がりも

全て笑える日が来たらいいななんてさ
根拠はないけど
そうなったらいいな

もしも
もしもが
もしもに
なるなら
もしも
もしもが
もしもに
なれ

もし僕がこの世に二人いたなら
この痛みや悩み半分なのかな

あの笑顔や言葉も忘れかけたら
寂しくなるから
忘れないんだ

夕暮れが押す坂道
転がる自分の影
励ますようにさ
長く伸びてたんだ

もしも
もしもが
もしもに
なるなら
もしも
もしもが
もしもに
なれ