Menu

むらさき夜曲 岩出和也 歌詞

むらさき夜曲 岩出和也 歌詞

むらさき夜曲

歌手:岩出和也
作詞:城岡れい
作曲:杉本眞人

黄昏を包むように 降り出した雨が
小窓にこぼれて 紫(むらさき)けむる
ひそかな隠(かく)れ家(が) レトロな倶楽部(くらぶ)
激しいギターに 骨までしびれてる
君と踊ろう今夜 ときめくままに
指先からめて 薔薇より鮮やかに
誘い誘われ恋心 ゆれてゆられて夢心
Ah(ああ)・Ah(ああ)‥しのび愛 むらさき夜曲(セレナーデ)

襟足を撫でるように ため息でそっと
最後のためらい 崩してみたい
いつもの隠(かく)れ家(が) 大人の倶楽部(くらぶ)
真紅のワインに 哀しみしずめたら
君が欲しいよ今夜 求めるままに
男と女が 夜半(しじま)に溶けてゆく
誘い誘われ恋心 酔って酔わせて夢心
Ah(ああ)・Ah(ああ)‥かさね愛 むらさき夜曲(セレナーデ)

君をさらって今夜 どこかへ逃げる
はかない妄想(まぼろし) 夜明けが消してゆく
誘い誘われ恋心 燃えて燃やして夢心
Ah(ああ)・Ah(ああ)‥かくれ愛 むらさき夜曲(セレナーデ)