Menu

ふたりの風景 沢田知可子 歌詞

ふたりの風景 沢田知可子 歌詞

ふたりの風景

歌手:沢田知可子
作詞:沢田知可子
作曲:小野澤篤

ココロの窓ひらいて 今日も笑っていられるように
お天道様に手を合わせ 大切な朝を迎えよう
目覚めの深呼吸 花を愛でる鳥の声
新しい空気に乗って
珈琲の香りが ふたりの目覚まし時計
「おはよう」 一日のはじまりはせわしくて
毎度変わらない その寝ぐせ 愛しくて
清く 正しく 慎ましく 「いただきます」
時間がなくても 「ごちそうさま」して
こんな 何気ない朝食を 分かち合って
悔いのないように 人生をおくりましょう
山あり谷あり いつでも二人三脚
手を取り歩みましょう 威風堂々

雨上がりの公園 腕を組んでゆっくり進む
ふたつの影もどかしくて 黄昏に想いを馳せる
笑顔と涙を 積み重ねたスライドショー
同じ顔してきたね ふたりの風景を
「あとどれくらい歩ける?」
カラダ労って、ふんばって、支え合って
両手いっぱいの 失敗も許し合って
買い物袋もはんぶんこ 寄り添いながら
シワが増えたのは お互い様って
そんな何気ないしあわせが 嬉しくって
永遠じゃないと思うから 切なくて
雨ニモ風ニモ 負ケズニ ここまで来たら
明日もよろしくね 威風堂々

ふたりで生きてく そう決めた日から
何も変わらないようで 絆がつむがれてく

愛に絆されて、抱き合って、見守って
悔いのないように 人生をおくりましょう
山あり谷あり いつでも二人三脚
最高の伴侶 まだ大丈夫?
カラダ労って、ふんばって、支え合って
両手いっぱいの 失敗も許し合って
雨ニモ風ニモ 負ケズニ ここまで来たら
明日もよろしくね 威風堂々
最後まで行きましょう 威風堂々