Menu

はがゆい唇 島津亜矢 歌詞

はがゆい唇 島津亜矢 歌詞

はがゆい唇

歌手:島津亜矢
作詞:阿木燿子
作曲:羽田一郎

他人なら 優しく出来ても
恋はエゴイスト
淋(さび)しさで 抱き合うのさえも
ときに 臆病になるわ

そう 街は大きな鳥籠ね
みんな 飛べないの

歯痒いのよ その唇
キスする場所 間違えてる
心の傷なら そんなとこにない
歯痒いのよ その口づけ
私の中の落とし穴
ぽっかり開いてる 孤独を塞いで

真夜中に シャワーを浴びると
窓にナルシスト
仄白い 乳房(ちぶさ)を映して
綺麗 そう呟いてる

ねえ 少女じみた科白(せりふ)でしょう
時よ このままで

歯痒いのよ その唇
仮面のままじゃ 感じない
炎の疼きに 直接触れてね
歯痒いのよ その口づけ
夜の闇を 乱すくらい
ぴったり二人の 溜め息重ねて

歯痒いのよ その唇
キスする場所 間違えてる
心の傷なら そんなとこにない
歯痒いのよ その口づけ
私の中の落とし穴
ぽっかり開いてる 孤独を塞いで