Menu

どんなに… 瀬川あやか 歌詞

どんなに… 瀬川あやか 歌詞

どんなに…

歌手:瀬川あやか
作詞:瀬川あやか
作曲:瀬川あやか

どんなに どんなに近くにいても 伝えきれない想いがあるの
だから今言葉にしなくちゃ 二人の未来を

目と目が合ったその瞬間 息をするのも忘れるくらい
嬉しくて苦しくて つい逸らしちゃった

好きになるのに時間はいらなくて 毎日はあなたで染まっていた
まだ知らないこともあるけれど
こうやって向き合ってみなくちゃ何も変わらない

どんなに どんなに近くにいても 伝えきれない想いがあるの
たえず心が叫んでる これが運命だと
どんなに どんなに大好きだって 変えられない距離があるの
だから今言葉にしなくちゃ 二人の未来を

重なり合った二つの声 探してた言葉のいたずらが
恥ずかしい もどかしい 何て言ってたの?

はにかんだ顔 くしゃっとした目もと そのしぐさがいつも可愛くて
誰にでも優しいあなたから「特別だよ」って言われたらどんな気持ちかな?

どんなに どんなに願っていても 尽きることない想いがあるの
だから今言葉にするから ちゃんと聞いててね

痛くも味わったこの恋に たくさん笑い たくさん泣いた
このままじゃ終われない 後悔を残したくはない

どんなに どんなに近くにいても 伝えきれない想いがあるの
たえず心が叫んでる これが運命だと
どんなに どんなに大好きだって 変えられない距離があるの
だから今言葉にしなくちゃ 二人の未来を