Menu

ともだち 三ノ輪銀(花守ゆみり) 歌詞

ともだち 三ノ輪銀(花守ゆみり) 歌詞

ともだち

歌手:三ノ輪銀(花守ゆみり)
作詞:中村彼方
作曲:光増ハジメ

何を忘れてきたの
廊下急いで 戻る教室
窓をスクリーンにして
茜色した 日々の名残

一人の力じゃ小さくて
だから 勇気 持ち寄った

君の声
君の光が奏でるかけがえのないこの時を
君の夢
君のぬくもりと一緒に閉じ込めたい
一つになどなれなくても 重ね合わせていこう

乾くグラウンドの声
空に舞うのは 和音の響き
君は下駄箱の前
私をそこで待っててくれた

今はゆるやかなこの時も
振り返れば眩しくて
思うたびこみ上げる愛しさは
ぎゅっと胸を締め付ける

君がいて
光と光 連なるその先の未来が見えた
私たち
ぶつかったり 溶けあったりしちゃうけれど
たとえどんな出来事でもプラスにできるから

いつも自分らしくいられたよ
ぜんぶ受け入れてくれるから
笑顔も涙もこの箱舟に詰め込んで
漕ぎ出していく

君の声
君の光が奏でるかけがえのないこの時を
君の夢
君のぬくもりと一緒に閉じ込めたい
一つになどなれなくても 重ね合わせていこう
ずっと ともだちだよ