Menu

いけないダンスダンスダンス ゲスの極み乙女。 歌詞

いけないダンスダンスダンス ゲスの極み乙女。 歌詞

いけないダンスダンスダンス

歌手:ゲスの極み乙女。
作詞:川谷絵音
作曲:川谷絵音

午前6時に目が覚めてしまった
相槌を打つ相手を間違えたとこで醒めた夢だった
起き抜けの寒さに我慢できなくて暖房をつけてしまった
顔を流す冷水に苛立ってしまった

俺は生きてる

白か黒かで言ったら黒だと思う
大人か子供かで言ったら大人だと思う
嘘か本当かで言ったら、うーん、嘘かもしれないと思う
思うだけで実際はわからない
だってそんなもんでしょう

大体そんなもんでしょう

よくわからないで生きてるけど、わかったような道を進む
大人になるって何かわからないけど、気付いたら勝手に大人って身分になる
結局わからないまま死ぬくらいならもうちょっとマシな人生にしたい
何をどうすればいいかなんて知らないけど、明日からはもっと寝坊しよう

俺は生きてる

午後2時に起きた
寝すぎよね
昨日飲み過ぎたからかしら
ねえ、どうしてあなたはそんなに楽しそうなの?
って誰かに言った記憶で止まってる
楽しいことがないわけじゃないんだけど
楽しくない
私だけがそうじゃないことわかってるんだけど
いっそのこと壊れてしまえたら楽なのに
なんて考えながら洗濯をしています
終わる頃には心底どうでもよくなって、でも寝る前にはまた襲ってくる
なんだよ
めんどくさいなぁ
なんだよ
めんどくさいなぁ
頭の中でくだらないこと考えながら、クソ真面目な言葉を1 人吐いてる
なんだよ
くだらないなぁ
笑っちゃうなぁ
もう、めんどくさいなぁ

私は生きてる

悲しみとか愛しさとか
めんどくさいな
特別な中の普通で
ありたかった
生活を見過ごしてると
愛も見えない